債務整理、任意整理、過払い金返還、自己破産、個人再生のことは「過払い金」解決サポートセンター

since 2007/10/16

「過払い金」解決サポートセンター:花宮(はなみや)綜合コンサルティング:― 借金問題特別対策プロジェクト ―

いつも、あなたのそばに!
司法書士法人 花宮綜合コンサルティング
〒450-0002 【名駅オフィス】名古屋駅から徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目3番10号 東海ビル3階
0120-968-742(クローハ ナシニ)

トップページへ戻る

 

過払い金返還「その借金、返し過ぎです!」



line


line

ご利用料金プラン



債務整理に関する ご相談(第1回目)・お見積 は、

無料 です。

ご相談は、借金問題を解決するための第一歩です。
私たちが丁寧にご相談に応じます。
費用に関することも含めて、お気軽にご相談下さい!


当事務所では、下記以外のご費用は頂きません。

ただし、申立てにかかる実費(郵便切手、予納金等)や消費税、遠隔地への出張の場合、交通費等が別途かかります。

手続き開始後、和解交渉に着手した債権者の基本報酬の返還には応じかねますので、 恐れ入りますがあらかじめご了承下さい。
報酬は、ご相談の上、最大12回までの分割払いにも応じます。

 

お手軽に、債務整理の手続を利用していただけるよう手続報酬を見直しました。

 

債務整理費用
基本報酬

着手金 0円(無料)
債権者数 × 金25,000円(※2)

加算報酬

その他
減額報酬 無料 (※1)
過払金返還報酬 返還された金額の20%

訴訟報酬

 

 1.過払金返還訴訟(訴額が140万円

  以下の場合)

 過払金返還報酬に含まれますので

 別途報酬はいただきません。

 

 2..その他の訴訟

 個別に打合わせをさせていただきます。

訴状作成報酬

(債権者1社

      あたり)

 訴額が140万円を越える本人訴訟の

 場合 
                金12万円

その他

・任意整理の場合

 債権・債務調査費 債権者3社まで

              10,000円

  4社目以降1社あたり3,000円

                  を加算

・振込手数料、裁判印紙、裁判郵券等

 の実費

消費税

上記報酬合計額の5%

    (※1)平成21年10月1日以降は、減額報酬無料とさせていただいております。

    (※2) 平成25年10月1日以降は、基本報酬を金3万円から金25,000円

        減額 させていただいております。 



   計算事例Ⅰ 過払い請求の場合

【甲さんの場合】
◎A社 平成 7年から借入れ  ◎B社 平成10年から借入れ
借入先:消費者金融・クレジットカードローン等(2社)
借金総額 金149万8,659円 
債務整理をした結果
借金総額を利息制限法で引き直した結果、残高は金0円になりました。
逆に、過払い金を金108万3,048円 回収しました。

借入先 借入れ
時期
請求額 利息制限法で
引き直した残額
減額された額 過払い金
A 社 平成
7年~
44万
9,057円
0円 44万
9,057円
91万
5,032円
B 社 平成
10年~
99万
9,602円
0円 99万
9,602円
16万
8,016円
合 計   149万
8,659円
0円 149
万8,659円
108万
3,048円
甲さんの場合、借入先のA社・B社とも取引年数が長く(10年程)、多額の過払い金を回収できました。

基本報酬 着手金 0円
借入先(2社) 2社×3万円(※2) 60,000円
加算報酬 減額報酬(※1 149万8,659円×10% 149,865円
過払い金
返還報酬
108万3,048円×20% 216,609円
その他 債権・債務調査費 10,000円(3社まで) 10,000円
合 計 436,474円
報酬額(5%消費税を含む) 458,297円

    (※1)平成21年10月1日以降は、減額報酬無料とさせていただいております。

     (※2) 平成25年10月1日以降は、基本報酬を金3万円から金25,000円

           減額 させていただいております。 

    平成25年10月1日以降の報酬額(5%消費税を含む) 290,400円 

 


   計算事例Ⅱ 任意整理の場合

【乙さんの場合】
◎A社 平成14年から借入れ  ◎B社 平成14年から借入れ
◎C社 平成13年から借入れ  ◎D社 平成12年から借入れ
借入先:消費者金融・クレジットカードローン等(4社)
借金総額 金384万8,176円 
債務整理をした結果
借金総額を利息制限法で引き直した結果、減額された額は金103万4,863円
残高は金281万3,313円になりました。
現在、乙さんは月額金5万円程を60回の分割払いで返済中です。

借入先 借入れ
時期
請求額 利息制限法で
引き直した残額
減額された額 過払い金
A 社 平成
14年~
148万
5,933円
90万
0,776円
58万
5,157円
0円
B 社 平成
14年~
137万
0,092円
122万
9,651円
14万
0,441円
0円
C 社 平成
13年~
48万
8,508円
20万
0,587円
28万
7,921円
0円
D 社 平成
12年~
50万
3,643円
48万
2,299円
2万
1,344円
0円
合 計   384万
8,176円
281万
3,313円
103万
4,863円
0円
乙さんの場合、借入先のA社・B社・C社・D社 それぞれ取引年数が短いですが、借金は約1/4減りました。
乙さんは毎月の返済を返済可能な金額まで圧縮でき、現在分割払いで返済中です。

基本報酬 着手金 0円
借入先(4社) 4社×3万円(※2) 120,000円
加算報酬 減額報酬(※1 103万4,863円×10% 103,486円
その他 債権・債務調査費

10,000円+3,000円

(4社分)

13,000円
合 計 236,486円
報酬額(5%消費税を含む) 248,310円

   (※1)平成21年10月1日以降は、減額報酬無料とさせていただいております。

    (※2) 平成25年10月1日以降は、基本報酬を金3万円から金25,000円

          減額 させていただいております。 

    平成25年10月1日以降の報酬額(5%消費税を含む) 118,600

      


   計算事例Ⅲ 過払い請求と任意整理の場合

【丙さんの場合】
◎A社 平成 5年から借入れ  ◎B社 平成17年から借入れ
◎C社 平成14年から借入れ  ◎D社 平成14年から借入れ
借入先:消費者金融・クレジットカードローン等(4社)
借金総額 金227万3,740円 
債務整理をした結果
借金総額を利息制限法で引き直した結果、減額された額は金162万1,338円。
残高は金65万2,402円になりました。
さらに、過払い金を金123万3,397円 回収しました。

借入先 借入れ
時期
請求額 利息制限法で
引き直した残額
減額された額 過払い金
A 社 平成
5年~
68万
9,430円
0円 68万
9,430円
123万
3,397円
B 社 平成
17年~
49万
1,447円
37万
6,066円
11万
5,381円
0円
C 社 平成
14年~
59万
3,941円
15万
5,439円
43万
8,502円
0円
D 社 平成
14年~
49万
8,922円
12万
0,897円
37万
8,025円
0円
合 計   227万
3,740円
65万
2,402円
162万
1,338円
123万
3,397円
丙さんの場合、借入先のB社・C社・D社は、それぞれ取引年数が短いですが、A社は取引年数が14年と長く、多額の過払い金を回収することができました。
差引残高は金65万円程残りましたが、過払い金が金123万円程回収でき、そのお金を借金に充当しました。
結局、借金はすべてなくなり、手元に約金58万円程が戻りました。

基本報酬 着手金 0円
借入先(4社) 4社×3万円(※2) 120,000円
加算報酬 減額報酬(※1 162万1,338円×10%   
162,133円
過払い金
返還報酬
123万3,397円×20%        
246,679円
その他 債権・債務調査費

10,000円+3,000円

(4社分)

13,000円
合 計 541,812円
報酬額(5%消費税を含む) 568,902円

       (※1)平成21年10月1日以降は、減額報酬無料とさせていただいております。

     (※2) 平成25年10月1日以降は、基本報酬を金3万円から金25,000円

           減額 させていただいております。 

    平成25年10月1日以降の報酬額(5%消費税を含む) 377,600

 

   

   完済後の過払い金請求の場合

 

       借金の返済を完了した後に、貸金業者に払いすぎた利息の返還を請求

              をする際に、その取引期間が短い場合には、少額の過払い金しか回収

              できないことがあります。

              過払い金の返還請求をしたいけれど司法書士の報酬を支払うと赤字

              なって しまうかも知れない!

            当法人ではそのような方のために、基本報酬と過払い金報酬の合計額

              を、 実際に回収できた金額の範囲まで減額することにより、お客様に実

              質的な損失が発生しないようにしております。

              また、残債務がない貸金業者に関する報酬は、後払いとすることもでき

        ますし、回収した過払い金でのお支払いも可能です。

 

     ★計算事例

           貸金業者3社に対する過払い金請求のご依頼をいただいた場合

     基 本 報 酬     25,000円(※2) × 3社

           過払金報酬     回収できた過払い金 × 20%

     債権・債務調査費 10,000円(3社の場合)     

基本報酬 着手金 0円
借入先(3社) 3社×19,800円(※2) 59,400円
加算報酬 減額報酬(※1 平成21年10月1日以降   
0円
過払い金
返還報酬
3万円×20%        
6,000円
その他 債権・債務調査費 10,000円(3社) 10,000円
合 計 75,400円
報酬額(5%消費税を含む) 79,100円

       (※1)平成21年10月1日以降は、減額報酬無料とさせていただいております。

     (※2) 平成25年10月1日以降は、基本報酬を金3万円から金25,000円

           減額 させていただいております。 

 

    ★従来の場合

           回収できた過払い金(30,000円) -報酬合計額(79,100円)

                                              = -49,100円

                 (過払い金回収のつもりが、49,100円の持ち出しに!)

 

       ★特別措置適用の場合

         (司法書士報酬を支払っても赤字にならない!)

            回収できた過払い金(30,000円)

                                   - 報酬合計額(30,000円)=  ±0円

             ★ 報酬の合計額は、回収できた過払い金の回収額を限度★

                                   (注)実費は別途申し受けます。

 

             こんな方におすすめ!

          過払金請求をしたいけど、自分が何年間取引をしていたか

               覚えていない!

           ・過払金請求をしたいけど、報酬をたくさん取られそう!

           ・過払金請求ってよく分からないけど、自分もやってみたい!

           ・取引期間が短くて、過払金があるかどうか分からない!

           ・当時の利率を覚えていなくて、過払金があるかどうか分からない!

             ・過払金には興味はないけど、自分がどんな取引をしていたのか

               調べてみたい!





Copyright(c)2001-2007 Hanamiya Office All rights reserved.
"));