☆あきらめていませんか?

「完済した後」の過払い金請求!!☆

 

・「過去に完済した借金」でも過払い金を請求することができます!

・「期間は10年!」手遅れになる前にご相談ください!

・「貸金業者が倒産」すると取り返せなくなることがあります!

費用は「全額後払い!」 過払い金回収で「赤字」にはなりません!

 

★返し終わった借金でも過払い金請求はできます!!★

高金利のサラ金やクレジット会社から過去に借りていた方、

その借金を完済していれば、過払い金が発生しているかもしれません!

資料がなくても大丈夫!その過払い金を取り返しましょう!!

 

<完済後の過払い金請求Q&A>

Q.かなり昔に完済したけど大丈夫?

A.10年以内なら大丈夫!

過払い金返還請求権は「完済から10年」で時効にかかり、

それを経過してしまうと取り返すことがまず不可能となってしまうため、

10年以内に請求する必要があります。

「10年経っているかは微妙で分からない・・・」

「資料が全く残っていない・・・」という方も心配ありません。

借りていた会社名さえ分かれば、

当方で取引の履歴を調査することが可能です。

安心してお問い合せください!

 

 

Q.ブラックリストには載るの?

A.完済していれば大丈夫!

過去には完済後の過払い金請求でも信用情報機関に

登録される(ブラックリストに載る)ことがありましたが、

現在は取り扱いが見直され、「債務がない状態であれば

ブラックリストに載ることは原則ありません。」

ただし、ご自身が完済したと思っていても実は少しだけ借金が残っていたケースや、

同じ会社に別の契約があったケースなど、

事例によって様々な注意点もありますので、一度ご相談ください。

   

 

Q.最近、貸金業者の倒産のニュースをよく見るけど・・・・

A.早めのご相談をお勧めします!

近年、クレディア、武富士、丸和商事など、

中大手の貸金業者が相次いで倒産しました。

過払い金の請求先の会社が倒産してしまうと、

「返還を受けられる金額が大幅に減って」しまいます。

また、倒産まではしないとしても、経営不振に陥る相手方が増え、

過払い金の回収が極めて困難になっていくことが予想されます。

この先、「どの大手業者がいつ倒産してもおかしくない」状況が続きます。

過払い金返還請求はお早めにご相談ください。

   

Q.過払い金の回収ができなくて、費用だけかかるのが心配・・・・

A.当法人の場合、完済後の過払い金請求で「赤字」にはなりません!

『手続中に相手方が倒産してしまった』

『ほんの少しの金額しか取り返せなかった』

『時効にかかっていて全く取り返せなかった』

『低金利の契約であったため過払い金が発生していなかった』

多数の事例を扱っていると、このようなケースにもよく遭遇します。

当法人の報酬規定では、このような場合にお客様が不利益になることが無いよう、

工夫を凝らしていますのでご安心ください。

費用の【詳細】はこちら

 

 

Q.クレジットカードでも過払い金請求はできるの?

A.契約によっては可能です!

クレジット会社の場合、契約によって利率が大きく異なるため、

全ての方に過払い金が発生しているわけではありません。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠を使って

「20%を超えるような高金利」で借り入れをしていた場合は

過払い金が発生している可能性が高いといえます。

当法人では、ほとんどの場合で利率を含む取引の履歴を

調査することが可能ですので、お気軽にお問い合せください。

   

Q.今さら訴訟とかのおおごとにしたくないのだけど・・・・

A.お客様のご意向を最優先します!

「過払い金があるなら請求したいけど、

昔返した借金のことでおおごとにはしたくない!」

「取り返せるならこちらから訴訟をしてでも徹底して取り返したい!」

「過払い金」に対する考え方は、人それぞれです。

当法人では、訴訟を望まないお客様の場合には

相手方との話し合いで裁判外の決着を目指します。

また、訴訟をしてでも取り返したいというご意向の方であれば

お客様が納得いかれるまで訴訟をして取り返す方針です。

当法人の司法書士と直接お話をしていただいたうえで、

お客様に本当に合った手続きを考えていきましょう。

※訴額140万円を超える訴えの場合は、本人訴訟の支援

または提携先の信頼できる弁護士をご紹介します※

 

今、過払い金は「日を追うごとに取り返すことが困難」となっています。

もし過去の借金で迷っているのであれば、一度気軽にお問い合せください!